本文へ移動

園・施設紹介

幼稚園の一日

08:30
登園 朝9時迄に幼稚園のお友だち全員が集まります
09:00
朝の挨拶 活動 シール貼り、着替えなど遊び 好きな遊びを選んでします
【園庭】砂遊び、遊具、ボール、なわとび、三輪車、 動植物の世話など
【室内】積み木、粘土、絵かき、ごっこ遊び、伝承遊び、楽器、製作、絵本など
10:30
クラスの活動 音楽、リズム、絵画、表現活動
12:00
食事タイム 感謝していただきます♪
お話し会 絵本の読み聞かせ、好きな遊びを選んでします 片づけ
13:30
帰りの活動 着替え 話し合い 一日の感謝、お祈り
14:00
さようならの挨拶 降園

給食

完全給食を創立時より続けています。
週5日、給食を実施しています。材料はすべて当日朝に仕入れて昼食までに園内厨房で調理します。専属の栄養士、調理師さんたちがメニューを考え心を込めて作ってくれます。食器類は業務用食器洗浄機、食器消毒保管庫など取り入れて、衛生、安全対策を万全に致します。環境にやさしく、みんなで楽しく、出来立てのあたたかい食事ができるよう工夫しています。友だちとの楽しい雰囲気の中で食事をとることによって偏食も少なくなります。残飯も毎日ほぼありません。
食事療法をなさっている方はご相談ください。一人ひとり個別に対応致します。

園内菜園

幼稚園敷地内に菜園施設を設けています。春のさつまいもの苗差しに始まり、収穫までの過程を学びながら、土に親しみます。水やりや草抜きなど、子どもたち自ら手をかけ、お世話をしながら収穫の喜びを味わいます。年長組は採れたさつまいもを、さつま汁にしてお母さんたちと一緒に調理していただきます。他には、やきいもや大学芋に園で調理して楽しみます。畑では他に、ミニトマト、オクラ、えんどうなども作っており、収穫し給食でいただきます。大きな向日葵も畑の元気な印です。

室内プール

夏は大きなプールで楽しく水遊び。天候に影響を受けにくい室内プールになっていますので、夏の間たくさん泳げます。幼稚園のプール体験は、少しずつゆっくりと水に親しみながら慣れていきます。泳ぎも楽しさのなかで上達していきますので、小学校のプール授業への備えになります。水に対する楽しさ、怖さの知識はとても大切です。また室内ならではの動線と、監視体制によって事故を防ぎます。こそだてえん(就園前の親子)の小さなお子さまも、プールサイドで水遊び体験。冬の間は絨毯を敷いて、何百個ものカラーボールを転がして遊ぶスペースになります。

子育て支援ルーム

週1回木曜日の「こそだてえん」活動のメインルームです。
0歳から就園前の親子が、たくさんのお友だちに出会い、育児の知恵や悩みを話し合いながら、楽しんで子育てをする場所です。たくさんの西洋の木のおもちゃ、手作りおもちゃ、ぬいぐるみや絵本があります。親子リズム体操や絵本の読み聞かせ、誕生会なども行います。

図書室

木の本棚は卒園児のお父さんの手作りです。たくさんの絵本や図鑑などを揃え、読書の時間を持ちます。父母の会活動や、絵本の会(サークル活動)のお母さんたちもここで活動しています。

園舎図

TOPへ戻る